借金問題を解決するための相談所

〇日本法規情報(債務整理相談サポート) 無料相談&診断 受付中! 24時間365日フル対応! ⇒専門家があなたに合った借金解決案を提案 公式ページへ    

「破産管財人」の仕事って何?なぜ必要なの?誰のために働くの?

      2020/09/14


「自己破産」とは、もはや借金の返済を継続することが、不可能なほど経済的困窮に陥った人を救済するために、法律でもって借金をゼロにします(免責手続)

その一方で、お金を貸した各債権者を保護するために、破産者が破産時に所有していた財産を没収し、換価処分して、各債権者に平等・公平に比例配分していく(破産手続)債務整理の一つです。

個人の破産手続きは、この「破産手続」と「免責手続」の二つから成り立っている裁判手続きです。

ただ、債権者に配当するような価値ある財産が破産者にないことが誰が見ても明らかな場合には、同時廃止手続きに移行して、破産手続は開始すると同時に終了します。その場合は破産管財人が選任されても無駄なので破産管財人も選任されません。
 

■「破産管財人」とは?何をする人?

 
「破産管財人」とは、その自己破産者が持っている財産を調査し、必要なら没収し、管理し、換価処分して、きちんと各債権者に手に平等・公平に比例配分していく破産手続を進める権限と役割を一手に任されている人物です。

「破産管財人」は、裁判所が選任します。裁判所は解任権も持っています。

そして、通常はその裁判所の管轄地域内に所在する法律事務所に属する弁護士が選任されます。

先に述べましたが「破産手続」とは、破産者の財産を調査し、換価処分して金銭に換えて、それを各債権者に平等・公平に配当する手続です。だからこそ、債権者にとって重要で関心ある手続きであることはいうまでもありません。

従って、破産者の財産が洗いざらい調査され、換価処分され各債権者の手に不平等なく公平に渡るまで、しっかりとその財産価値が損なわれないように管理されていかなければなりません。

本来なら、そういった任務は、申し立てを受けた裁判所が受け持つのが筋ですが、そのすべてを裁判所が担うのは、裁判所の人的・物的規模からすると不可能です。そこで、裁判所は「破産管財人」なる人物を選任して、裁判所の指導・監督のもとで、その者にその任務を一任するわけです。言ってみれば外注機関のようなものです。

だから、実際の「破産手続」の進み具合は「破産管財人」主導で行われていきます。
 

 

■「破産管財人」は誰のために働く?

 
「破産管財人」の職務は何か?と問われると、真っ先にあげられるのは、すでに繰り返し述べていますが、破産者の財産を調査、管理、換価処分して、各債権者に平等・公平に比例配当することです。

そして、そこには、いかに債権者のために処分可能な価値ある財産を見つけ出し、確保し、いかに高く換価してもらえるようにもっていくかという意識がベースにあるわけで、そうだとすると「破産管財人」は債権者の債権回収の利益を最大化するために仕事をする人だといえます。この視点は間違えないです。

つまり、「破産管財人」は、債務者が自己破産という手段をとったことで、債務者に対し持っていた債権額を100%回収できなくなった各債権者をできるだけ公平かつ平等に債権回収に労を惜しまない、奔走する人です。この視点は間違えないです。

ただ、破産は破産者から根こそぎ財産を取るだけではなく、冒頭述べたように「免責手続」を通じて、破産者のこれからの未来のために経済的更生を図ることも「破産制度」の重要な目的であることはいうまでもありません。

破産者にとってみれば、とにかく借金をチャラにして借金の苦しみから解放されて再出発を図りたい! そのためには、この「免責手続」を通じて、裁判所の「免責」の許可を何とか得たい!、ということに重大な関心があることは間違えありません。

もし、免責の許可が取れなかったら、自己破産者としてはそれこそ最悪の事態になるのです。

023

でも、先から述べてきた「破産管財人」の本来の職務をみると「破産管財人」は決して自己破産者のために仕事する自己破産者の味方とはいえません。

でも「破産手続」と「免責手続」が同一手続内で同時進行で行われるわけで、そうである以上、その手続きを具体的に進めていく主体が「破産管財人」ですから「破産管財人」が自己破産者の「免責」についても労を惜しまないわけじゃないはずです。

決して「破産管財人」と破産者の間には、被告人と検察官のような決定的な対立関係にあるわけではありません。

破産者は「破産管財人」に協力する義務があるのです。

協力する義務があって、きちんと協力した以上「破産管財人」は破産者の「免責」に協力するという関係にはあると思います。反面、もし協力しなかったら、最悪「免責」が受けられないという恐れはあります・・・・・。

もっとも、破産者のとっても一番の味方は、なんたって、相談にのってくれて、自分の自己破産を申し立てをしてくれた破産者側の弁護士であることはいうまでもありません。この弁護士が破産申立人が免責を受けられるように、それから今後の生活維持のために手持ちの財産のうち一定のものを「自由財産」として破産手続きの処分対象から外すように破産管財人を通じて裁判所に説明をしていく形になります。

ところで、最初に「破産管財人」は裁判所によって選任されるといいましたが、この点をどう評価するかです。

しかも「破産管財人」は、裁判所の監督、指揮下にあるので、その裁判所が最終判断をする以上「破産管財人」は、債権者・自己破産者のどちらか一方に完全に与するというのではなく、両者の立場を考慮しつつも、あくまで公正中立に破産手続を遂行すべき立場にあるといえるでしょう。そういった意味では「破産管財人」は、裁判所の代理人的な立場にあるといっていいのかもしれません。
 

■「破産管財人」の権限は?

 
何度も繰り返しいいますが「破産管財人」は、破産者が有していた財産の管理・処分権を持っているとされています。
hasann
ということは、破産手続の開始と同時に、破産者は自らの所有していた財産の管理処分権限を失い、その権限がすべて「破産管財人」に移行することを意味します。

049

したがって、破産手続開始後は、破産者はもはや自分の財産を勝手に処分することができなくなります。

そのことは「破産管財人」に、債権者の利益を最大化し、債権者間の平等を図るために、その財産を適切に調査、管理して、換価処分しなければならない法的責任を負うことになるということです。

この「調査」に関しては、破産者があちこちに持っているかもしれない財産を徹底的に洗い出し、できるだけ多くの財産を「破産管財人」の管理下(破産財団という)に移して、各債権者に適切かつ公平・平等に比例配分していくことに資するということです。

そのために「破産管財人」には「否認権」行使などの特別の権限が与えられています。

「否認権」とは、破産者が、破産手続開始決定前にした債権者を害する行為の効力を失わせ、破産財団から逸出した財産を、破産財団に回復するために「破産管財人」に与えられた権利です。

例えば、もはや自己破産することは免れないことをわかっていながら、破産手続で財産を没収されるのを防ぐために、意図的にその財産の名義を他人名義に移してしまうといった行為の効力を失わせる権利のことです。

さらに、その財産に、外部の第三者がなんらかの権利主張をしてきたときは「破産管財人」は当事者として、適切に対処することができるのです。

もっとも,否認権等々の行使だけでは、破産法の目的を完全に達することができないので、より強力な威嚇力・抑制力を確保するために、破産法の第14章以下に「破産犯罪」の規定を設けて不平等・不公正な行為には刑罰を科しています。

以上、「破産管財人」を一言でいえば「債権者の利益を最大化のために、破産者の財産を調査、管理、換価処分し債権者に平等・公平に弁済、比例配当する人」です。

借金問題で悩んでいる方は、一度気軽な気持ちで弁護士等の専門家に相談してみましょう。無料です。
 

■借金問題の無料法律相談のご案内

 

相談する先の事務所をまだ決めかねている人にはうってつけです


 日本法規情報-債務整理相談サポート-
  申込みはオンラインで24時間365日可能。複数の事務所を案内
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を案内
  相談相手の専門家をなかなか決められない人には欠かせないツール
 

※申込後の日本法規情報からの連絡に応じないと無料相談は受けられないので注意が必要です。

「日本法規情報 ~債務整理相談サポート~」とは法律事務所ではありません。だから依頼人が抱えている借金問題を法的に解決するとか、あるいは依頼人に代わって債権者側と交渉するとか、そういった直接的な行動をとることはしません。この制度はあくまで借金返済に苦しむ人たちの相談窓口の無料案内サービスを行います。そのために全国各地1000以上の弁護士・司法書士事務所が登録され3000人弁護士・司法書士が登録されています。
もう少し具体的に言うと、借金問題といってもその有り様は千差万別です。当然に解決へのプロセス及び解決の方法も異なってきます。そういったなか、専門家であっても分野によっては得手不得手があります。だから、この制度は依頼人の希望に十分に応えるために、それに適した専門家を選んで専門家と依頼人を結ぶつけるサービスを行っているのです。そして、一件の依頼につき複数の法律事務所をご案内します。

無料法律相談は何回でもOKです!

したがって、初めての方がなんのツテもなく依頼人の希望に沿った事務所を探すのは結構大変なことだし、さらにまだまだ一般人にとっては弁護士事務所の敷居はまだまだ高くて最初から弁護士と相対することになると、緊張して自らの借金問題について正確に伝えられない恐れもあります。だからこそ、依頼人と専門家との間の橋渡しの役割を果たす「日本法規情報」のような存在が重宝されるのです。そして、現在では毎月3000人もの相談者がこの無料相談ツールを利用しています。
「債務整理相談サポート」の申し込みは、オンライン上で24時間どこにいても1分程度で必要項目を入力ができ申し込みが完了します。その後にその入力内容に沿った複数の事務所が案内されます。その手順は基本的には下記の(1)~(6)の順で進みます。依頼人が各々事務所に出向きそれぞれの専門家と面談して、事務所によって濃淡はありますが、依頼人にとって関心事である「あなたに合った借金を減らす方法はあるのか?それは何か?」「おおよそどのくらい借金が減額されるのか?あるいは全額免責可能なのか?」「どうやってリスクを回避するか?」等々が回答されるので(ここまでが無料)、後はどの法律事務所にそれを実現するための債務整理手続きを依頼するかを依頼人自身が判断して決めることになります。

(1)オンライン上のお問い合わせフォームに必要項目に入力して申込する。
(2)相談パートナーより申込日より3営業日以内に電話またはメールにて相談内容の確認と専門家の希望条件をお尋ねします。。
(3)依頼人の要望する条件に合った事務所を複数案内します(平均3~5事務所)。
(4)電話かメールで案内された事務所とやり取りして無料相談の日程を調整する。
(5)依頼人の方から直接事務所に出向いて無料相談を受ける(案内されたすべての法律事務所と無料相談可能)。
(6)無料相談を受けた複数の法律事務所の中から実際に債務整理手続きをお願いする事務所を決めたらをその事務所に依頼する。なお、必ずしも具体的な債務整理手続きを依頼することなく無料相談で終わってもかまいかせん。

 - 自己破産に関して