借金問題を解決するための相談所

〇日本法規情報(債務整理相談サポート) 無料相談&診断 受付中! 24時間365日フル対応! ⇒専門家があなたに合った借金解決案を提案 公式ページへ    

自己破産申立て直前に「銀行預金」から引き出した「現金」は自由財産となる?

      2020/07/24

024

 

 

■「自己破産」の概要

 
「自己破産」とは、簡単に言ってしまえば、借金返済を継続していくことが、もはやニッチもサッチもいかなくなって、お手上げ状態になったときに行う最終債務整理の方法です。

自己破産は「破産手続」「免責手続」二つの手続が同時進行で進められていきます。

つまり「破産手続」でもって、破産者が所有している財産・資産のほとんどが換価処分されて、各債権者の債権に充てるために比例配当されます。比例配当されたにもかかわらず、まだ借金を完済するには足りず一部残ったとしても、その借金全額は「免責手続」によって返済することを免責されます。そのため債権者はさらなる返済請求はできません。結局借金は実質チャラ(ゼロ)になる仕組みです。

これで、新しい環境で人生の再出発を図る機会を得るのです。

さて、ここで申し上げたいのは、破産者に財産・資産があって、それに対して「破産手続」が開始されるのですが、その場合何から何まで根こそぎ没収され処分されてしまうのでしょうか?そんなことにはなりません。そんなことがまかり通ると、破産者が人生の再出発が成り立たなくなってしまいます。

だから、没収され【処分の対象となる財産】【処分の対象にならない財産】とに分けられます。

後者の財産は【自由財産】として、破産者の手元に残されて、破産者がこれからの再出発に向けて自由に使うことができます。

「自由財産」には基本的に下記の一覧に示すように4つがあるとされていますが、今回のメインテーマはそのうち一番上の「99万円以下の現金」についてです。

「自由財産」には次の4つがあります。
〇「99万円以下の現金」・・・・・・・・(破産法34条3項1号)
〇「差し押さえ禁止財産」・・・・・・・(破産法34条3項2号)
〇「新得財産」・・・・・・・・・・・・(破産法34条1項の反対解釈)
〇「拡張された自由財産」・・・・・・・(破産法34条4項)
※具体的な形で法律で定められている「自由財産」は、上から3番目までです。4番目はこれも条文はありますが、非常に抽象的な言い回しをしていて、その具体的な適用はその解釈に任されています。この「自由財産の拡張」については下記の関連記事を参照。

 

■ 自由財産の99万円以下の「現金」ってどういう意味?

 
「自由財産」のなかに『99万円以下の「現金」』というのがあって、当然「自由財産」だから、この99万円以下の「現金」は破産者がこれからのために自由に使えるお金ということになります。したがって処分の対象にはなりません。

※なぜ、自由財産としてどのような流れで、どういった根拠で99万円という数字がでてきたのか?その法的根拠は、上記の関連記事「自己破産で処分されない「自由財産」と「自由財産の拡張」について~退職金債権にも触れます~」の(2)の①を参照してください。

さて、ここでいう「現金」というのはどういう意味でしょうか?

ここでいう「現金」とは「手持ちのお金」のことです。 同じお金であっても銀行の預金口座に入っている「預金」とは区別されて取り扱いも異なってきます。この取り扱いの異なる点が要注意なのです。

例えば、銀行口座に50万円の預金が入っているとか、また保険の解約返戻金が30万円相当あるとかは、仮に金額的には99万円以下であっても、裁判所の評価はそれらは手持ちのお金ではないとされていて、基本的に処分の対象となる財産、つまり「自由財産」とはならないという扱いをとっています。

どちらも、同じ自分のお金なのに、そのあり場所によって、一方は処分対象とはならない、一方は処分対象となるという全く正反対の扱いを受けるのです。

でも、99万円もの大金を家のどこかに置いておくとか、財布に入れておくとか、普通では考えにくいですよね。ほとんどは銀行等に預金しているのが普通です。だから、預金額99万円のお金は「現金」化されていないからといって、処分の対象となる財産になってしまうのは現実的じゃないよ!

という気持ちになる人もいるでしょうが、その気持ちは十分に理解できます。

でも、一部の裁判所は運用レベルで修正していきますが、ほとんどの裁判所は厳格に解釈していて、金額が99万円以下のお金であっても、それが「預金」ならば処分の対象となる財産として扱います。

このことを純粋に法的に解釈すると、「預金」というのは、あくまでお金を持っているのは銀行であって、では私たち預金者は何を持っているのかというと、銀行に対する「預貯金払戻請求権」という「債権」をもっているとするのです。それは「そのお金を返せ!」と言うことができる権利であり、ここでいう「現金」とはいえないと解釈するのです。

しかも、この「預貯金払戻請求権」は差し押さえ禁止債権(財産)には当たりません。したがって「自由財産」とはならなく処分の対象となり破産財団に組み入れられて破産債権として換価処分されて各債権者に比例配当されることになるのです。

もっとも、上記の関連記事である⇒『自己破産で処分されない「自由財産」について少し詳しくみてみます~自由財産の拡張と退職金債権にも触れます~』をぜひ読んでみてください。

「預金」は「自由財産」には入らないといっても、ただ、残高が20万円以下の「預金」に限っては、それが「現金」ではなく「預金」であっても先の4番目にあげた「自由財産の拡張」の範疇に入ると解されています(これは東京地方裁判所での運用基準です。あくまで運用なので他の裁判所では別の基準があり得る)

だから、その場合は「自由財産」と評価されるので処分の対象とはなりません。破産者がこれからのために自由に使える財産となるのです。この「自由財産の拡張」という概念は要注意です。


 

■ 自己破産申立て直前に引き出した99万以下の預金は「現金」になるか?

 
ここまで述べてきたことを前提とした場合、当然に誰でも考えてしまうのが、21万円以上99万円以下のお金が処分の対象になってしまうのは、要はそのお金が銀行等に預けていて「預金」状態になっているからであり、だったらそれをやめてしまう、つまり前もって(自己破産申し立て直前に)その預金を引き出して手持ちの「現金」状態にしてしまえば、処分の対象とはならないはずだということを考えてしまいます・・・。

それによって、お金をできるだけ手元に残しておいて、没収されるのをできるだけ回避しようとするのです。

でも、残念ながらそんな浅知恵は裁判所には通用しません。

その預金引き出し行為が、自己破産申立て「直前」であれば、それは債権者の利益を害するための行為と評価され、多くの裁判所は、それを「現金」とは認めていません。「預金財産」とみているようです。

このことは「預金」からの「現金」化ばかりでなく「物品」からの「現金」化も同じです。

⇒先に掲げた関連記事でも指摘していますが、時価20万円以下のクルマも「自由財産の拡張」の範疇に入るとされています。だから、例えば清算価値80万円のクルマがあったとします。この場合クルマのままだと20万円を超える財産として自由財産にあたりません。よって処分の対象となってしまいます。

だから、それを回避するために自己破産申立て直前に、そのクルマをお金に変えてしまう、つまり現金化してしまうことを思いつくはずです。そうすれば、現金80万円(99万円以下)になるということで、処分の対象から外れることになりそうです。でも、裁判所はこの場合の80万円も「現金」と評価することなく「80万円のクルマ」として評価して、処分対象の財産として扱っていくのです。

思うに、裁判所が以上のようにこだわる理由は「現金」化して手元におくことで、債権者の利益を害することになるから、と言われています。

確かに、当初債権者への配当が予定されていた財産が、ただ単に「現金」化することで、その処分対象の枠から外れてしまう、つまり、いとも簡単に「自由財産」を作り出されるとなると、債権者にとって由々しき事態と言えるかもしれません。

なぜなら、99万円以下の「現金」にして処分対象から外すことを無条件に許してしまうと、それが横行して、本当に債権者の配当利益の機会を逸することになりかねないからです。

ただ「現金」化することが、意図的に債権者の利益を害するために財産を隠すとか、そういったことに繋がっているならともかく、なんら財産を隠すためでなく、意図的に安く売却するのでもないなら自己破産申立て直前の「現金」化が、処分の対象とはならない「自由財産」に移行することになってもいいのではないかと、裁判所の見解を批判する意見も結構多いです。

そうしないと、99万円までの現金は「自由財産」として処分されない、という規定の存在意義がなくなってしまいます。

なんたって、先にも触れましたが普段から99万円もの現金を手元に置いておくこと自体が、ほとんどレアなケースだからです。

とはいうものの、裁判所は自己破産申立て直前の「現金」化は、処分の対象となる財産と解釈しています。つまり「自由財産」ではなく換価処分されて各債権者に比例配当される財産であるという見解で一貫しているのです。

だから、それを前提に実務は進めていかなければなりません。
 

■ 現金化した理由がどうしても必要な支出に充てるためだった場合は?

 

「預金」を処分対象とされるのを回避するために、あるいは単に貯めこむために「現金」化するのではなく、どうしても必要な出費があって現金化することが不可避な場合があります。

そのようなお金を捻出するために「預金」から引き出したり、保険を解約したり、クルマを適正価格で売却したりして「現金」化する行為に限っては、裁判所もその金額が99万円の範囲であれば「自由財産」に移行することを認めています。

では、どうしても必要な出費とはどのような場合か?それは下記の一覧に示しているような出費です。

① 破産費用(弁護士の費用、裁判所への予納金)
② 生活するうえでどうしても必要な経費
③ 任意売却(自宅処分)等に伴う転居費用
④ 税金の納付
⑤ 医療費
⑥ その他、学費など

預金を引き出して「現金」化した金額のうち、どうしても必要な出費の金額を除いた金額が20万円以下で、そのほかにめぼしい財産・資産がない場合は、そのまま同時廃止が認められる可能性が出てきます(前述した東京地方裁判所の運用基準)。

例えば、清算価値50万円のクルマを、どうしても必要な破産費用を捻出するために売却して、そのうち40万円を破産費用に充てた場合、その40万円は自由財産として処分の対象とはならない財産と評価されますが、残りの10万円は処分の対象とはならない自由財産とは評価されません。つまり「現金」ではなく「10万円のクルマ」と評価されるのです。

でも、この「10万円のクルマ」というのは、もはや価値がないといっていいでしょう。

そもそもクルマの査定額が20万円以下の場合は、処分対象となる価値ある資産として評価されません。国産高級車や外車なら別扱いされることはありますが、ごく普通の国産乗用車や軽自動車であれば、初年度登録後7年も経過すれば、ほとんどその価値が20万円を超える価値を維持しているなんてことはありません。

だから、結局は「10万円のクルマ」は処分の対象とはならない財産となるのです。自由財産ということです。

さて、ここまで述べてきたように、99万円以下の「現金」の意味とその評価については、日常の感覚とズレを生ずることが十分ありうるとしても、裁判所が一貫した考えを持っている以上、実務上それに従うほかありません。

あとは「自由財産の拡張」をどのように解釈するか、あるいは「現金化」することが、どうしても必要な支出のためのものだったと裁判所に評価してもらうために、専門家と相談して対処することが大切です。
 

■ 借金問題の無料相談・診断

 

相談する先の事務所をまだ決めかねている人にはうってつけです


 日本法規情報-債務整理相談サポート-
  申込みはオンラインで24時間365日可能。複数の事務所を案内
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を案内
  相談相手の専門家をなかなか決められない人には欠かせないツール
 

※申込後の日本法規情報からの連絡に応じないと無料相談は受けられないので注意が必要です。

「日本法規情報 ~債務整理相談サポート~」とは法律事務所ではありません。だから依頼人が抱えている借金問題を法的に解決するとか、あるいは依頼人に代わって債権者側と交渉するとか、そういった直接的な行動をとることはしません。この制度はあくまで借金返済に苦しむ人たちの相談窓口の無料案内サービスを行います。そのために全国各地1000以上の弁護士・司法書士事務所が登録され3000人弁護士・司法書士が登録されています。
もう少し具体的に言うと、借金問題といってもその有り様は千差万別です。当然に解決へのプロセス及び解決の方法も異なってきます。そういったなか、専門家であっても分野によっては得手不得手があります。だから、この制度は依頼人の希望に十分に応えるために、それに適した専門家を選んで専門家と依頼人を結ぶつけるサービスを行っているのです。そして、一件の依頼につき複数の法律事務所をご案内します。

無料法律相談は何回でもOKです!

したがって、初めての方がなんのツテもなく依頼人の希望に沿った事務所を探すのは結構大変なことだし、さらにまだまだ一般人にとっては弁護士事務所の敷居はまだまだ高くて最初から弁護士と相対することになると、緊張して自らの借金問題について正確に伝えられない恐れもあります。だからこそ、依頼人と専門家との間の橋渡しの役割を果たす「日本法規情報」のような存在が重宝されるのです。そして、現在では毎月3000人もの相談者がこの無料相談ツールを利用しています。
「債務整理相談サポート」の申し込みは、オンライン上で24時間どこにいても1分程度で必要項目を入力ができ申し込みが完了します。その後にその入力内容に沿った複数の事務所が案内されます。その手順は基本的には下記の(1)~(6)の順で進みます。依頼人が各々事務所に出向きそれぞれの専門家と面談して、事務所によって濃淡はありますが、依頼人にとって関心事である「あなたに合った借金を減らす方法はあるのか?それは何か?」「おおよそどのくらい借金が減額されるのか?あるいは全額免責可能なのか?」「どうやってリスクを回避するか?」等々が回答されるので(ここまでが無料)、後はどの法律事務所にそれを実現するための債務整理手続きを依頼するかを依頼人自身が判断して決めることになります。

(1)オンライン上のお問い合わせフォームに必要項目に入力して申込する。
(2)相談パートナーより申込日より3営業日以内に電話またはメールにて相談内容の確認と専門家の希望条件をお尋ねします。。
(3)依頼人の要望する条件に合った事務所を複数案内します(平均3~5事務所)。
(4)電話かメールで案内された事務所とやり取りして無料相談の日程を調整する。
(5)依頼人の方から直接事務所に出向いて無料相談を受ける(案内されたすべての法律事務所と無料相談可能)。
(6)無料相談を受けた複数の法律事務所の中から実際に債務整理手続きをお願いする事務所を決めたらをその事務所に依頼する。なお、必ずしも具体的な債務整理手続きを依頼することなく無料相談で終わってもかまいかせん。

 - 自己破産に関して, 自己破産での自由財産