借金問題を解決するための相談所

〇日本法規情報(債務整理相談サポート) 無料相談&診断 受付中! 24時間365日フル対応! ⇒専門家があなたに合った借金解決案を提案 公式ページへ    

「分割払い」「リボ払い」といったいわゆる【割賦払い債務】の時効開始時期(起算点)は?

      2020/07/17

< 目 次 >
(1)問題の所在
(2)この問題について二つの考え方があります
① 債権者の意思表示は不要で直ちに時効が開始する考え方
② 債権者の意思表示があって初めて時効が開始する考え方

(3)二つの考え方の評価
(4)もし「期限の利益喪失条項(約款)」の特約が付いていなかった場合
(5)借金問題の無料相談・診断OK
・【 アヴァンス行政書士法人 (借金の時効援用専門) 】
・【 借金相談カフェ(Cafe) (無料減額診断) 】
・【 おすすめ法律・法務事務所ランキング 】

 

(1)問題の所在

借金をしたら、当然に決められた期限に返済しなければなりません。

クレジットカードとか、消費者金融とか、銀行のカードローンなどを利用しての分割返済方法は、分割回数をきちんと決めて毎月返済していく典型的な「分割払い」の方法の場合、最初に分割回数を決めないで毎月々返済していく「リボ払い」の方法の場合、そのほかボーナス2回払いとか、種々あります。

参考記事「分割払い」と「リボ払い」の違い多くの金融機関が採用している「リボ払い」について考えてみる

これらは、分割と割賦とは定義上の違いはあるといわれていますが、総じて「割賦払い債務」といってかまいません。

このような割賦払い債務の場合、往々にして「期限の利益喪失条項(約款)」といった約款が付けられているケースが多く、この場合債務者が1回でも月の返済を怠った場合、残りの借金全額につき分割払いでいいという利益は失われ一括請求されます。

その場合、その残金全額について時効の開始時点(起算点)はいつか?といった問題があります。

例えば、AはBとの間に100万円を月々20,000円の50回の分割払いで返済する旨の金銭消費貸借契約を結びました。ところがAは5回目の返済時に滞りが生じてしまいました。この場合、残りの借金全てについて消滅時効はいつから進行するのか、起算点はいつなのか、ということです。

「期限の利益喪失条項(約款)」とは、債務者が一回でも支払いを怠ったときは「期限の利益」を放棄され、直ちに借金の残額を一括で支払う義務を負う旨の特約をいいます。つまり、債権者は直ちに債務者に残額の一括請求ができるということです。

     ※「期限の利益喪失」とは?「期限の利益喪失条項(約款)」とは?

(2)この問題について二つの考え方があります

この特約があることによって、先の200万円の借金の事案で残金すべての時効の起算点はいつか?

①債権者の意思表示は不要で直ちに時効が開始する考え方

「期限の利益喪失条項(約款)」があることで、債務者Aが1回でも返済を怠ったら債務者Aは「期限の利益」を喪失するので、借金の残額すべて(Aは4回まで返済したわけだから残金は920,000円となる)について弁済期が到来し、よって債権者Bにとって時効成立の要件の一つである「権利の行使ができるようになったこと」が満たされるので、1回でも返済を怠った時点で920,000円すべてに直ちに時効が開始します。

②債権者の意思表示があって初めて時効が開始する考え方

「期限の利益喪失約款」があって、債務者Aが返済を怠ったとしてもその時点で直ちに時効が開始するのではなく、債権者Bが債務者Aへ残額全部(920,000円)を支払えとの催告の意思表示があって初めて、その意思表示がなされた時点に借金の残額すべてに時効が開始します。その意思表示がなければ、月一回の個々の返済期日ごとに時効は順次開始するということです。

(3)二つの考え方の評価

②の考え方の根本には、期限の利益を喪失させるかさせないかは、債権者の自由に属するもので債権者の意思を反映させるべきだという考えが背景にあります。
①の考え方は、時効の成立要件の一つである「権利の行使ができるようになったこと」を矛盾なく貫いている考え方で分かりやすい見解です。
②の考え方は、債権者が権利行使しようと思えば簡単にできるはずにもかかわらず、債権者が権利行使するまで時効が開始しないとするのは債権者にとって都合が良すぎるとの批判があります。

なお、判例実務は②の考え方に従っています。

(4)もし「期限の利益喪失条項(約款)」の特約が付いていなかった場合

この場合は、そのような特約がないわけだから月一回の個々の返済期日ごとに時効は順次開始するということになります。

ただ、返済が滞った月の返済分について相当期間定めて〇〇日までに返済しなければ契約の解除すると通知して、もしその期間内に返済がなければ契約解除の通知とまだ返済期日が来ていない返済分も含めて借金の残額すべてを請求できることになります。だからその時点から時効が開始します。

(5)借金問題の無料相談・診断

借金の時効消滅の恩恵を受けるためには「援用」が必要です!


    借金の時効援用なら
   アヴァンス行政書士法人   
   全国対応で全国どこからでもお問い合わせ可能
   借金の時効援用について相談は無料
   メールでの問い合わせであれば24時間受付中



もし、はるか昔の返済しないままそのままになっていた借金(貸金業者の借金)の返済催促書が突然に届いたら、それは借りた先の債権者からではなく、そこからその債権を買った債権回収会社からの返済通知と考えていいです。
その場合、あなたからその債権回収会社に連絡することは避けてください。あなたの借金は時効によって既に返済しなくてもいい状況になっているかもしれません。
債権回収会社は債権回収のプロです。時効中断とか時効完成後の利益放棄等々を狙って手練手管を駆使して、再度返済請求できる債権に復活させて請求しようと考えています。
でも、その通知を無視することもできません。もし、そのような通知が来たら、まずはその借金が時効消滅しているか(原則5年です)調べてみましょう。そのためにアヴァンス行政書士法人は無料で相談にのります。そして、今後どうしたらいいか一緒に考えましょう。

せっかく、借金が時効消滅しているのに、あるいは時効消滅寸前なのに、また復活して返済しなければならなくなってしまうのは、本当にもったいないことです。ぜひ「アヴァンス行政書士法人」をご利用ください。

「アヴァンス行政書士法人」は借金の時効消滅についての相談のみ扱っています。もし、借金の整理をともなう「債務整理」をご検討されている方は、下記の無料相談ツールをご利用ください。
 
 

■借金問題・無料法律相談のご案内

 

相談する先の事務所をまだ決めかねている人にはうってつけです


 日本法規情報-債務整理相談サポート-
  申込みはオンラインで24時間365日可能。複数の事務所を案内
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を案内
  相談相手の専門家をなかなか決められない人には欠かせないツール
 

※申込後の日本法規情報からの連絡に応じないと無料相談は受けられないので注意が必要です。

「日本法規情報 ~債務整理相談サポート~」とは法律事務所ではありません。だから依頼人が抱えている借金問題を法的に解決するとか、あるいは依頼人に代わって債権者側と交渉するとか、そういった直接的な行動をとることはしません。この制度はあくまで借金返済に苦しむ人たちの相談窓口の無料案内サービスを行います。そのために全国各地1000以上の弁護士・司法書士事務所が登録され3000人弁護士・司法書士が登録されています。
もう少し具体的に言うと、借金問題といってもその有り様は千差万別です。当然に解決へのプロセス及び解決の方法も異なってきます。そういったなか、専門家であっても分野によっては得手不得手があります。だから、この制度は依頼人の希望に十分に応えるために、それに適した専門家を選んで専門家と依頼人を結ぶつけるサービスを行っているのです。そして、一件の依頼につき複数の法律事務所をご案内します。

無料法律相談は何回でもOKです!

したがって、初めての方がなんのツテもなく依頼人の希望に沿った事務所を探すのは結構大変なことだし、さらにまだまだ一般人にとっては弁護士事務所の敷居はまだまだ高くて最初から弁護士と相対することになると、緊張して自らの借金問題について正確に伝えられない恐れもあります。だからこそ、依頼人と専門家との間の橋渡しの役割を果たす「日本法規情報」のような存在が重宝されるのです。そして、現在では毎月3000人もの相談者がこの無料相談ツールを利用しています。
「債務整理相談サポート」の申し込みは、オンライン上で24時間どこにいても1分程度で必要項目を入力ができ申し込みが完了します。その後にその入力内容に沿った複数の事務所が案内されます。その手順は基本的には下記の(1)~(6)の順で進みます。依頼人が各々事務所に出向きそれぞれの専門家と面談して、事務所によって濃淡はありますが、依頼人にとって関心事である「あなたに合った借金を減らす方法はあるのか?それは何か?」「おおよそどのくらい借金が減額されるのか?あるいは全額免責可能なのか?」「どうやってリスクを回避するか?」等々が回答されるので(ここまでが無料)、後はどの法律事務所にそれを実現するための債務整理手続きを依頼するかを依頼人自身が判断して決めることになります。

(1)オンライン上のお問い合わせフォームに必要項目に入力して申込する。
(2)相談パートナーより申込日より3営業日以内に電話またはメールにて相談内容の確認と専門家の希望条件をお尋ねします。。
(3)依頼人の要望する条件に合った事務所を複数案内します(平均3~5事務所)。
(4)電話かメールで案内された事務所とやり取りして無料相談の日程を調整する。
(5)依頼人の方から直接事務所に出向いて無料相談を受ける(案内されたすべての法律事務所と無料相談可能)。
(6)無料相談を受けた複数の法律事務所の中から実際に債務整理手続きをお願いする事務所を決めたらをその事務所に依頼する。なお、必ずしも具体的な債務整理手続きを依頼することなく無料相談で終わってもかまいかせん。

 - 借金の時効消滅