借金問題を解決するための相談所

〇借金減額診断シュミレーター 無料相談&診断 24時間365日フル対応! ⇒ 専門家があなたに合った借金解決案を提案 公式ページへ

「任意整理」は借金減額効果が少ないとされるが事案によっては効果大です

      2018/03/08

021

< 目 次 >
(1) 任意整理は減額効果は本当に少ないのか?
(2) バカにできない利息額 ~利息の返済シュミレーション~
(3) 借金問題の無料相談・診断
・【 街角事務所-法律- (借金減額診断シュミレーター) 】
・【 あなたの法律相談カフェ (無料減額診断) 】
・【 おすすめ法律・法務事務所ランキング 】

 

(1)任意整理は減額効果は本当に少ないのか?

「任意整理」とは、裁判所が関与しないで借金を減らす債務整理の手続きのことです。

これは、貸金業者と借金をしている人(または、その代理人である弁護士や司法書士など)とが交渉して、毎月無理のない返済計画にし直して、それによって借金問題を解決する債務整理の方法です。今現在一番多く利用されている方法です。

ただ、この方法は、裁判所が関わってくる「個人再生」や「自己破産」と比べると、借金を減額させる効果が高いわけではありません。利息制限法による再計算で算出された過払い金による元本充当がない限り、借金そのものの大幅な減額は期待できません。

というのは「自己破産は」とは、いうまでもなく借金をゼロにする、チャラにする方法であり、「個人再生」は借金をゼロにすることはできませんが、借金そのもの、つまり元本も含めて減額できるため、借金の減額度は非常に高いのに対して「任意整理」は、元本の減額を求めるのはかなり難しく減額できるのは「利息」だけといっても過言ではありません。この点だけを捉えて一言で言えば、減額度は「物足りない!」といわれるかもしれません。

でも、利息をバカにしてはいけません。

「利息」は怖いです。「借金」がなかなか減らないのは、この「利息」のせいです。正直な気持ちですが、自分の稼ぎを、利息を支払うために使うほどバカらしいものはありません。

ここで、単純な例を上げて「利息」の怖さを認識してもらいます。

011

 

>>借金減額・免除の無料相談NO.1事務所 (24時間受付中!)<<

 

(2)バカにできない利息額 ~利息の返済シュミレーション~

例えば、消費者金融3社にそれぞれ50万円合計150万円の借金があるとして、完済するまでどれくらい利息を支払うことになるのでしょうか。

3社とも年利17.8%として計算してみます。(利息制限法では10万円以上100万円未満の上限利率は18%と規定しています)

3社それぞれ毎月3万円づつ合計9万円を毎月返済・・・・・返済期間20か月・・・・支払利息総額23万5905円
3社それぞれ毎月2万円づつ合計6万円を毎月返済・・・・・返済期間32か月・・・・支払利息総額38万8176円
3社それぞれ毎月1万1千円づつ合計3万3千円毎月返済・・・返済期間77か月・・・・支払利息総額101万3535円

※「プロミス」の返済シュミレーションで検証してみてください。
     返済シュミレーション

消費者金融3社に3万円づつ、計9万円もの金額を毎月返済していくのは。普通の人ではかなり難しい状況だと思います。

だったら、通常は②か③ということになります。

だとしたら、②のケースなら「利息」だけで、38万円、③のケースなら利息だけで、なんと101万円台となります。

③のケースで50万円を返済するためには、元利合計で837,845円を支払わなければなりません。このケースでの利息部分は837,845円ー500,000円=337,845円となります。そして337,845円×3社=101万3535円となるのです。支払合計金額の半分以上は「利息」となってしまうのです。

この「利息」を支払わなくさせるのが「任意整理」なのです。元本の50万円×3の150万円だけでいいのです。と考えると「任意整理」もケースによっては結構な効果を生む債務整理方法と言えます。

「任意整理」での分割返済の期間は原則的に3年間(36回)が目安ですが、場合によっては5年間(60回)まで可能です。もし、最長の60回で考えると50万円の返済は毎月8333,33333円で×60でおよそ50万円となり、さらに×3社でおよそ150万円となって完済ということになります。

つまり「任意整理」の方法で債務整理をやって、利息分をゼロにすると、特に利用頻度が高い高金利のカードローンなどの事案では結構な効果を生むということです。しかも「個人再生」とか「自己破産」のように裁判所が絡んでくることなく、比較すると極めて簡単な手続きで行うことができるのです。

(3)借金問題の無料相談・診断

相談する先の事務所をまだ決めかねている人にはうってつけです


 街角相談所-法律- (借金減額診断シュミレーター)
  相談はオンラインで24時間365日可能、匿名・ニックネームでもOK
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を紹介
  どこの事務所に相談するか決められない人には欠かせないツール
 


「街角相談所-法律-」
には、全国各地300もの弁護士・司法書士事務所が登録されていて借金に苦しむ人たちの債務整理をサポートする無料相談ツールです。現在、毎月3000人もの相談者がこの無料相談ツールを利用しています。
「借金減額診断シュミレーター」によって、24時間どこにいてもたった1~2分程度で相談項目の入力が完了し、その後に「あなたに合った借金を減らす方法は何か?」「どのくらい借金が減るのか?」「どうやってリスクを回避するか?」を提示されてくるので、長い間借金に悩み苦しんでいたのがウソのように感じるはずです。借金問題解決に長けている専門家が対応するので、解決率は80%という高い数値を実現します。

このシステムは、相談項目を入力後、機械的に処理されて即座に回答が出る簡易的な仕組みではありません。入力された項目をきちんと専門家が精査して、加盟している事務所から実情に合った回答が伝えられるのです。

そして、その回答を見て必要を感じればその回答をしてくれた事務所に債務整理手続きを依頼するのもいいし、その回答を選択肢の一つとして理解し、地元の法律事務所を依頼するのも結構です。その点は全く自由なので気軽な気持ちで利用できます。

いずれにしても、初めての方が自分に合った事務所を探し出すのは、いろんな面で大変な労力がいるのは間違えありません。これはそんな方々にとってうってつけのツールといえます。

なお、この「借金減額診断シュミレーター」は【借入先が2件以上ある方が相談できる】システムです。

※いわゆる「ヤミ金」からの借入はこのシステムの対象外となります。

 
 
 あなたの法律相談カフェ (無料減額診断)
  完全無料 完全匿名で借金減額相談ができる
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を紹介
  借入先が1件であってもきちんと相談できる画期的なツール



「あなたの法律相談カフェ」
「無料減額診断」の仕組みは、基本的に「街角相談所-法律-」の「借金減額診断シュミレーター」と変りなく24時間365日全国対応となります。ただ、大きな違いがあって、それは「借金減額診断シュミレーター」は、借入先が2件以上ある方のみが相談できるのに対して

「無料減額診断」は【借入先が1件だけの方でも相談できる】システムです。だから「借金減額診断シュミレーター」よりも利用範囲を幅広く取っています。

※いわゆる「ヤミ金」については「借金減額診断シュミレーター」と同じで対象外です。

 
 

おすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング


 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・サンク総合法律事務所
  アットホームで気楽に相談しやすい雰囲気
  女性弁護士が在籍
  債務整理に特化した豊富な知識と経験


 3位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 - 任意整理に関して