借金問題を解決するための相談所

〇借金相談カフェ 無料相談&診断 受付中! 24時間365日フル対応! ⇒ 専門家があなたに合った借金解決案を提案 公式ページへ

以前に、破産宣告(免責)を受けたことがありますが、個人再生の申し立てを行うことはできますか?

      2019/01/21

012
個人に破産宣告があった場合、破産宣告前に発生した債務の大多数は、免責されて借金はチャラになります。

もっとも、破産宣告してせっかく免責を受けたのに、破産宣告後、再度色々と借り入れをしてしまって、再び借金地獄に落ちってしまうこともあります。

でも、破産法は、7年以内に免責を得たことがあるときは、再度免責を受けることが禁止しています。

すなわち、前の破産宣告の免責から7年間は、破産者にとって最も重要な効果である免責を受けることはできないために、実際上は再度の破産の申し立ては制限されています。

では、今回の記事のテーマである、以前に破産宣告を受けていた場合、個人再生の申し立ては可能なのでしょうか?

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の二つがあります。さらに「住宅ローン特則」という制度があります。

この三つの特徴をベースに場合分けして述べてみましょう。

「小規模個人再生」の場合

「小規模個人再生」の場合は、以前に破産宣告を受けていたことは、再生計画案の不認可事由には当たりません。

だから、仮に、以前に破産宣告を受けていても、それが7年以内であっても「小規模個人再生」の申し立てをすることはできます。

さらに、以前に、破産宣告を受けていても「住宅ローン特則」を利用することもできます。

「給与所得者等再生」の場合

「給与所得等再生」というのは「小規模再生」の手続きに移行できる場合を除き、10年以内であっても申し立ては棄却されてしまいます。

つまり、破産宣告後の「給与所得者等再生」は利用することはできないということです。

〇借金問題の無料相談・診断

相談する先の事務所をまだ決めかねている人にはうってつけです


 「借金相談カフェ(Cafe)」 (無料減額診断)
  完全無料 完全匿名で借金減額相談ができる
  登録された全国の法律事務所の中からあなたに合った事務所を紹介
  借入先が1件であってもきちんと相談できる画期的なツール



「借金相談カフェ」
には、全国各地300もの弁護士・司法書士事務所が登録されていて借金に苦しむ人たちの債務整理をサポートする無料相談ツールです。現在、毎月3000人もの相談者がこの無料相談ツールを利用しています。
「無料減額診断」によって、24時間どこにいてもたった1~2分程度で相談項目の入力が完了し、その後に「あなたに合った借金を減らす方法は何か?」「どのくらい借金が減るのか?」「どうやってリスクを回避するか?」を提示されてくるので、長い間借金に悩み苦しんでいたのがウソのように感じるはずです。借金問題解決に長けている専門家が対応するので、解決率は80%という高い数値を実現します。

このシステムは、相談項目を入力後、機械的に処理されて即座に回答が出る簡易的な仕組みではありません。入力された項目をきちんと専門家が精査して、加盟している事務所から実情に合った回答が伝えられるのです。

そして、その回答を見て必要を感じればその回答をしてくれた事務所に債務整理手続きを依頼するのもいいし、その回答を選択肢の一つとして理解し、地元の法律事務所を依頼するのも結構です。その点は全く自由なので気軽な気持ちで利用できます。

いずれにしても、初めての方がなんのツテなしに自分に合った事務所を探し出すのは結構大変なことです。これはそんな方々にうってつけのツールといえます。

「借金相談カフェ」は【借入先が1件でも相談できる】システムです。

※いわゆる「ヤミ金」からの借入はこのシステムの対象外となります。

 
 

おすすめ弁護士・司法書士事務所ランキング


 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 3位・新大阪法務司法書士事務所
  大阪で最もその実績が知られた司法書士事務所の一つ
  女性専用の無料相談窓口を設置
  債務整理費用は相場よりかなり低め


 - 個人再生に関して