借金問題を解決するための相談所

〇ゆるぎない信用と実績のおすすめ法律・法務事務所ランキング

特定の債権者のみ「任意整理」をするのが、偏頗(へんぱ)行為にあたるのか?

      2018/02/21

050

 

(1)「偏頗行為」は「債権者平等の原則」違反となる

今回の記事タイトルの意味するところは分かりますか?

もし、債務者が複数負っている借金総額と債務者の持っている総財産額とを比べて前者の方が多い場合は、当然手持ちの財産額だけでは抱えている借金全てを満たすことはできません。

その場合には債権額の多い順とか、先に発生した順とかで優先順位をつけて各債権者に配分していくわけではありません。

総財産を換価処分して、あくまで各債権者が各々持っている債権額に応じて、平等に比例配分するのが原則です。

このやり方の背景には、関係するすべての債権者は、その持っている債権の扱いに関しては、全員平等に扱われなければならないという「債権者平等の原則」というものがあって、要は、ある特定の債権者を優遇する特別扱いすることを禁止するということです。

この原則からして、ある特定の債権者のみに優先的に返済することを「偏頗(へんぱ)行為」といい禁止行為になります。

(2)「任意整理」は「偏頗行為」なのか?「個人再生」と「自己破産」との違い

では、一人の特定の債権者と交渉して、合意を得て借金を整理することができる「任意整理」はどうなんでしょうか?

これは、まさに「偏頗行為」とみなされて禁止行為とされてしまうのでしょうか?

結論から言うと、全然そんなことにはなりません。

そもそも「偏頗行為」が問題になる場面とは、裁判所が介入する、介入するからこそ、すべての債権者を共通の土俵にあげさせて一括して債務整理する手法の場合に問題となるのです。

つまり、全員を登場させるからこそ、先にも述べましたが、すべての債権者は平等であるという「債権者平等の原則」というものがあって、すべての借金を平等に債務整理の対象にして、その効果はすべての債権者に及ぼす解決策を導き出す「個人再生」や「自己破産」のときだけ禁止される「偏頗行為」が問題となるのです。

だからこそ「個人再生」「自己破産」の場合は、一部の債権者を優遇し特別扱いする「偏頗行為」なるものは許されないのです。

「任意整理」とは、裁判所などは介入しないで、あくまで私的レベルで債務者本人と貸金業者との二者間交渉を通じて、合意を得て問題解決を図るわけです。

だから、債務者が、どの債務を「任意整理」の対象にするか、あるいは対象にしないでそのまま頑張って返済を続けていくかは、まったく債務者本人の自由に任されるのです。「任意整理」は当事者同士の内々の話で解決する手法なので、このことはむしろ当然のことです。

関係する債権者を全員、ステージに登場させて債権債務関係を一気に一括処理するのではありません。個別にチョイスして処理していいわけです。むしろ。それができるところに「任意整理」のメリットがあるのです。

そもそも「任意整理」と「偏頗行為」が問題となる場面とでは、全然次元が違うのです。もし「任意整理」イコール「偏頗行為」となってしまうと、そもそも「任意整理」の出番がなくなってしまいます。

だから、先ほど申し上げたように、両者は全然次元が違うものであり「任意整理」が「偏頗行為」に当たるという発想自体がおかしいわけです。

040

 

>>借金減額・免除の無料相談NO.1事務所 (24時間受付中!)<<

 

(3)後から「偏頗行為」とされて「債権者平等の原則」に反してしまうケース

ただ、これは、あくまで借金問題解決の手法が「任意整理」の域ににとどまっている場合に限ってのお話で、その借金問題が「任意整理」ではなかなか決着できず「任意整理」の域を超えて、先に言ったように「個人再生」「自己破産」の域にまで発展していくとなると、前もってやったある特定の債権者に対する弁済が「偏頗行為」と評価されてしまうことはあり得ます。

どういうことかというと、Aは銀行から120万円の借り入れ、労働金庫からの50万円の借り入れ、消費者金融からの500万円の借り入れがあるなか、消費者金融からの借り入れのみを「任意整理」しようと考え、弁護士を通じて消費者金融と話し合いに入りました。

消費者金融は弁護士から受任通知を受けたので、取り立てをストップして、何回か話し合いの機会を設けました。ただ、銀行と労働金庫への返済は関係ないので続けていました。数か月に渡って交渉を繰り返しましたが、結局は決着することはできず、このままだと返済を続けていくことさえもかなり難しいということが分かったので「自己破産」の申し立てを起こしたのです。

このことに関して、消費者金融側は「任意整理」の申し立てにともなう数か月間の返済請求をストップしている間、他の銀行や労働金庫への
返済は優先弁済にあたる「偏頗行為」を主張してきたのです。

思うに、このケースで他の銀行や労働金庫への通常の返済が「否認権」行使の対象となる「偏頗行為」になってしまうのかどうかは、結局「任意整理」の交渉から「自己破産」への移行が当初から悪意を持った意図があるのであれば、優先弁済に当たり「偏頗行為」になることはありえます。

「任意整理」の交渉中に、このままでは解決には至らないのでやむなく「自己破産」の申し立てをしたのであれば、悪意は認定されず「偏頗行為」には当たらないでしょう。

非常に、微妙な問題ですが、場合によっては「偏頗行為」になる恐れもあるということで、頭の片隅に入れておいて頂きたいです。

(4)借金問題の無料相談・診断

<おすすめ弁護士事務所・司法書士事務所ランキング>

 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・サンク総合法律事務所
  アットホームで気楽に相談しやすい雰囲気
  女性弁護士が在籍
  債務整理に特化した豊富な知識と経験


 3位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 4位・そうや法律事務所
若い法律事務所でありながら弁護士は債務整理800件の実績
債務整理に精通した女性スタッフが窓口応対
最速の即日受任通知で取り立てストップ


 5位・新大阪法務司法書士事務所
  大阪で最もその実績が知られた司法書士事務所の一つ
  女性専用の無料相談窓口を設置
  債務整理費用は相場よりかなり低め


 - 任意整理に関して