借金問題を解決するための相談所

〇ゆるぎない信用と実績のおすすめ法律・法務事務所ランキング

ヤミ金(ヤミ金融)は犯罪です!そんな犯罪者にお金を返す必要は全くありません!

      2018/02/09

ヤミ金1

(1)ヤミ金が狙いを定める人物とは?

ヤミ金に手を出してしまった人でも、最初からヤミ金に手を出す人は絶対にいないでしょう。

最初は大手の名が知られている消費者金融(プロミス、アコム、アイフルなどなど)から借りまくって、やがて自転車操業に陥ってしまい、終いには審査に通らなくなって、最後はヤミ金に手を出してしまうケースが典型例だと思います。

さらにいえば、お金を生んでいたグレーゾーン金利が違法とされ、過払い請求を頻繁に受けた消費者金融の経営が厳しくなり、それが原因で貸し渋りが増えて、利用者は、思い余ってヤミ金に手を出してしまう人も多くなっていると言われています。

ところで、ヤミ金融とは何か?

貸金業者を営むためには、都道府県知事に登録しなければなりません。東京なら都①とか都②、大阪なら大①とか大②といった表示が登録している証明となります。ヤミ金はこの登録をとらずに出資法(上限金利20%)に違反する高金利を貪り取る業者のことです。

ところが、貸金業登録というお墨付きを得ているから、ヤミ金ではないと断言できないところが始末に負えないところです。大手の消費者金融の審査に通らなくなったら、次は中小のあまり名が知られていない貸金業者に手を出すのが流れといえば流れですが、その中には貸金業登録されているからといって、ヤミ金が潜んでいないとは限らないのです。

要は、登録の有無にかかわらず、出資法に違反する金利をとる業者はすべてヤミ金だといっていいでしょう。なかには、平気で年利1000%を超える超暴利をむさぼる業者はいます。そして、ヤミ金は人権を無視した違法な取り立て(深夜、職場、家族、親戚などにも恫喝)が常套手段です。

ヤミ金とは、返済が難しいと知りながらお金を貸す!違法を承知で過酷な取り立てをおこなう!

ヤミ金はhttp://site-affiliate10.com/293で掲げた違法行為も容赦なく平気でやってきます。

ヤミ金は、多重債務者とか破産者など、もはや返済が難しい人であることを承知で、いや、むしろそういった人をターゲットにお金を貸します。こういった人は通常ではお金を借りられません。だから、お金に困っているはずです。だからこそ、大いに需要があるという発想です。

でも、彼らは、そのお金を借りた人は相手として眼中にないのです。その人を直接に追い込んだとしても満足に返済を得られないからです。眼中にあるのは借りた当の本人の親や親戚です。そういった人に取り立てるわけです。

もちろん、こういった行為は違法です。そういった人たちには、その人たちが連帯保証人にでもなってない限り取り立てはできません。でも彼らは違法であることは、彼らが行動することに何らの妨げにはなりません。まったく関係ないのです。

お金を借りた人が一番困るのは、自分が返済しないことで、自分の親、兄弟、親戚に迷惑がかかることです。人は自分のことで他の人に迷惑がかかるのを非常に気にします。この心理をうまく利用して、当の本人は何とかお金を工面して返済するか、親、兄弟、親戚にやむなく払ってもらうかです。自分で工面するといっても、想像がつくと思いますが、こういう人が借りる先は、また別のヤミ金しかないのです。こうなった場合の行く末はどうなっちまうのでしょうか・・・・

ヤミ金融は、貸金業者ではありません!単なる犯罪者です!

いずれにしても暴利だから、貸し付けた元本の何倍もの金額を、ヤミ金に手に入るのです。

ヤミ金2

だから、ヤミ金は、当の本人の返済能力とは関係なしに貸し付けるのです。要はいいお客さん、おいしいお客さんということです。

(2)ヤミ金に手を出してしまった場合手を切るにはどうしたらいいか?

これは、専門家に解決をお願いするしかありません。専門家と言っても法律に則った形で借金問題の解決を生業とする通常の弁護士や司法書士ではダメです。そういった人では、ヤミ金に全く歯が立ちません。

彼らが頼りにならないというのではなく、日本は法治国家だから法律に則った解決を模索するのは当たり前の事なんですが、ヤミ金の連中は、法律の自体を無視するのです。「だから、どうしたぁ~!」って感じです。いくら法律を持ち出しても彼らには無意味です。

でも、世の中にはヤミ金と対峙しても負けない力強い専門家がいます。そういう専門家に解決の依頼をする必要があります。

ヤミ金は犯罪者。犯罪者に借りたお金は返す必要はありません。返す必要がないどころか支払った利息も全額返還請求できます。

だからといって、その力強い専門家にすべて任せておけば勝手に解決してくれるという生易しいものではありません。ヤミ金との対峙は戦いです。そして、その道の専門家はかけがえのない非常に頼りになる助っ人です。でも、解決するのはヤミ金からお金を借りてしまったあなた自身です。これはあなた自身の問題なのです。あなた自身がヤミ金には絶対に負けない。ヤミ金からの執ような取り立て攻撃に、ヤミ金側が諦めるまで闘い続ける強い覚悟があなた自身に必要なのです。

「あなたに、ヤミ金の執ような攻撃に屈服せずに、頑張りとおせる勇気と覚悟がありますか!」ということです

自分に対してはもちろん、先ほど言ったように、親、兄弟、親戚、あるいは会社にも執ような攻撃があることでしょう。そういう場合はそういった人たちにしっかりと事情を話して、協力をお願いすることが大切です。

ヤミ金側は実力行動に出ることはありません。あくまで言葉での攻撃のみです。専門家は全面的にバックアップしてくれますから、絶対にヤミ金からの執ような攻撃に屈服してはいけません。

ヤミ金4

出資法の上限金利(20%)を超える金利を取ること自体が刑事罰になるわけですから、元々は数万円か十数万円の事だと思います。ヤミ金はその程度の金額で実力行動に出て警察のご厄介になるのはどう見ても割に合いません。だから、頑張り続ければ最後は諦めるのです。

必死に頑張って、ヤミ金が諦めてくれました。良かったです。

でも、それであなたの現状の生活環境が改善するわけではありません。
ヤミ金に手を出さざるを得なくなった生活環境を心身ともに真剣に変えていかなければ、また繰り返されます。

まだ、債務整理の手法の「個人再生」や「自己破産」がとれるのなら、専門家としっかりと相談して、最も良い方法を選んで実行すべきであり、すでに一回破産の免責を経験している人は、再破産手続きを取るためには、前回の免責から10年間が経っていることが必要です。

そういう人は、自力で生活環境を変えるしかありません。試練ですがのり越えるしかありません。

(3)借金問題の無料相談・診断

<ヤミ金と手を切りたい人はコチラに相談!>

 Duelパートナー法律事務所
  ヤミ金業者からの取り立て完全ストップ!
  後々嫌がらせを受けない解決方法を実施!
  全国対応で解決!

 - 借金問題一般, ヤミ金融, 借金、心の悩み・依存症