借金問題を解決するための相談所

〇ゆるぎない信用と実績のおすすめ法律・法務事務所ランキング

ブラックリストに載ってしまったことを前向きに考えよう!

      2018/02/12

 
「延滞」「任意整理」「個人再生」「自己破産」のいずれでもやれば
原則ブラックリストに載ります。
「過払い金請求した」場合、ブラックリストに乗るかどうかについては
ちょっと説明が必要です。 ※これについて参考記事を参照
    

ブラックリストに載るということは「個人信用情報機関」に
「事故情報あり」ということで登録されるということです。

ブラックリストに載るということを極度に恐れる人がいます。
とんでもない社会生活上の不利益・制裁を受けるという
認識が一般的にあるようです。

008

 

>>借金減額・免除の無料相談NO.1事務所 (24時間受付中!)<<

 

そういう人は、そうなるのを恐れるばかりに、
必死に頑張って、過払い請求などせずに必要のない借金を
返済し続けてしまうのです。

では、ブラックリストに載るということはどういうことなんでしょうか?
下記のような不利益が生じるのは確かです。

  ① 銀行、サラ金、信販会社からだいたい5~7年くらいの間
   新たにお金を借りることができなくなります。
  ② 自動車、住宅、商品購入の際、ローンやクレジットを
   利用できなくなります(現金払いなら問題ありません)。
  ③ 返済が遅れるとカードを使えなくなるし、新たにカードも
   つくれません。
  ④ ETCカードがつかえなくなります。

これらの不利益は、確かに不利益といえば不利益といえます。
この不利益を人一倍マイナス要素と考える気持ちもわからないでは
ありません。でも、その考え方を変えたほうがいいです。
「せいぜいそんなものだ」ということで・・・・、

ブラックリストに載ったからといって、戸籍などにはまったく影響がありませんし、
会社を辞めるなんてことは全くないし、年金、健康保険も支障なくもらえるし
使えます。さらに、パスポート、運転免許証を取ることができます。
ちゃんと、支払っていけば「ガス、水道、電気」だって使えます。

住宅ローンだって、きちんと支払っていけば問題ありません。

携帯電話だって使えます。
クレジットカードでの利用料金引き落としができなくなるだけで、
利用料金は、コンビニ振り込みや携帯電話の店舗で支払えば良いだけのことです。

つまり、ブラックリストに載ってしまったからといっても、
ちょっとは不便になるかもしれませんが、
日常生活にはまったく支障がないのです。

結論はそういうことだとして、ここではさらに一歩進めて、
この事態に、より積極的で前向きな意味を意識的に付加させていきましょう。

貸金業者から、新たに借り入れができないということを、
これから自分の人生再出発するに際し、大きなメリットと考えるのです。
借金生活からすっかり足を洗ういい機会だと考えるのです。
考えるべきなんです!

046

「債務整理」するということは、苦しい辛い借金生活から脱して、
経済的に再出発して、借金しなくても大丈夫な生活環境をつくる
絶好のチャンスと考えましょう。考えるべきなんです!

ブラックリストに載ると、
先に述べたように5~7年はブラックリストから外れません。
でも、5~7年もあれば、借金しない生活にも慣れてくるでしょう。
ブラックリストに載ったことを前向きに考えていきましょう。

〇借金問題の無料相談・診断

<おすすめ弁護士事務所・司法書士事務所ランキング>

 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・サンク総合法律事務所
  アットホームで気楽に相談しやすい雰囲気
  女性弁護士が在籍
  債務整理に特化した豊富な知識と経験


 3位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 4位・そうや法律事務所
若い法律事務所でありながら弁護士は債務整理800件の実績
債務整理に精通した女性スタッフが窓口応対
最速の即日受任通知で取り立てストップ


 5位・新大阪法務司法書士事務所
  大阪で最もその実績が知られた司法書士事務所の一つ
  女性専用の無料相談窓口を設置
  債務整理費用は相場よりかなり低め


 - ブラックリスト・信用情報機関