借金問題を解決するための相談所

〇ゆるぎない信用と実績のおすすめ法律・法務事務所ランキング

過払い金返還請求権の行使は損益分岐点を念頭におこう!~弁護士費用は?~

      2018/02/12

026
仮に、発生している過払い金の金額がたった1円であっても返還を求める権利があるのは確かです。

でも、たった1円じゃあ~、実際に権利行使する人は誰もいないでしょう。

これは極端な例だとしても、実際問題、過払い金の返還を求める場合、依頼する弁護士の費用はもちろん、その他費用がかかるかもしれないので、過払い金として取れる金額と取るために費やす費用との兼ね合い、損益分岐点を意識する必要があります。

過払い金返還請求は、少なくとも弁護士や司法書士に依頼する費用を上回る返還額の見通しがつかない限り権利行使するうま味がないわけです。

(1)過払い金返還請求の弁護士費用はいくら?

一般の人からすれば弁護士に相談するなんてことは決して馴染みのあることではないから、決して安くないであろう弁護士費用をいくら請求されちゃうのかとっても不安に思ってしまう人って結構いますよね。

だから、今回の「過払い金返還請求」の案件ではありますが、まず、弁護士費用の仕組みについて述べてみます。

大多数の弁護士事務所は、過払い金返還請求の弁護士費用は次の三つのファクターに分かれています。

弁護士の依頼費用は「着手金」「成功報酬」「過払い金報酬」の三つです。

「着手金」と「成功報酬」は固定費用であり「過払い金報酬」は実際に「過払い金」を取り戻せた金額の数十%という形で算出されます。

①着手金とは?

「着手金」というのは、依頼を正式に引き受けた際にかかる初期費用のことです。

「過払い金返還請求」の案件というのは、違法な利息を取った貸金業者が明らかに悪いわけですから、基本的にはほぼ100%成功裡に終わる案件です。それでも、そこまでいく期間は、平均6か月くらいはかかってしまう結構、長丁場になる案件です。

そのため、引き受けた案件が成功するか否かに関わらず「仕事を引き受ける」ということに対して、最初に、必ずかかってくる経費のことです。

だいたい、過払い金返還請求の相場は業者1件につき2万~3万円くらいです。

もっとも、最近ではこの着手金を取らない法律事務所も出てきていますので、しっかりと知っておきたいのならば、問い合わせしてみることが大切です。

「着手金」というのは、単なる相談料ではありません。正式にその案件を引き受けた時にかかってくる金額のことです。

ただ、過払い金の相談、過払い金額の再計算なんかは無料でやってくれるところが多いです(もちろん、有料なところもあります)。

②成功報酬とは?

「過払い金」を取り戻すことに成功した場合に支払う固定費用のことです。

だいたい、相場は業者1件につき2万円くらいです。成功した場合に限って支払われる費用ですから、失敗すれば支払う必要はありません。

なお、法律事務所によってはこの固定費用の成功報酬を設定していない事務所もあります。

050

 

>>借金減額・免除の無料相談NO.1事務所 (24時間受付中!)<<

 

③過払い金報酬とは?

「過払い金報酬」とは、実際に取り戻すことができた過払い金額の20%が相場です。
これが、交渉での和解で出されたものではなく、訴訟(裁判)まで発展しての解決ならば、手続きも煩雑になり時間もかかるので、その場合は25%が相場となります。

これらは、相場といっても日本弁護士連合会(日弁連)での取り決めで過払い金報酬の上限は20%、訴訟の場合は25%までとなったので、これは守らなければいけなくなりました。
  
なお、ちなみに「任意整理」の減縮報酬は減縮分の10%以下と定められています。

以上、法律事務所の「過払い金返還請求」の案件にかかる費用の内訳ですが、先に述べたように、事務所によっては着手金を取っていなかったり、固定費の成功報酬の名目での費用を取っていなかったり、別途に事務手数料という名目で費用を取っていたりして、また、最低報酬額をもうけたりして、個々の事務所によって対応が異なっているので、お金のことなんで、最終的には個々の事務所に問い合わせしてみるのがいいでしょう。

(2)過払い金返還請求を依頼するには弁護士がいいのか、司法書士がいいのか、どっちがいいの?

過払い金返還請求案件で相談先を弁護士にした方がいいのか、それとも司法書士にした方がいいのか、悩むところですが、かかる費用に関しては両者は差がほとんどありません。

過払い金返還請求については、弁護士に頼むより司法書士に頼んだ方が費用が安いイメージを
持ちますが、必ずしもそうではありません!!

費用的には変わらないとして、ではどっちに頼むか?
案件によってですが、基本的には弁護士に依頼した方がいいでしょう。

なぜなら、司法書士の場合は、過払い金返還請求額が140万円を超える案件については、貸金業者との和解交渉や和解書作成ができないからです。

ということは、140万円以下の案件では、司法書士は貸金業者との和解交渉や簡易裁判所でのみ訴訟代理人として訴訟を提起できることを意味します。

ただ、簡易裁判所の訴訟で、案件が140万円以下であっても、法律上の争点で判決に納得がいかなくて控訴する場合(または控訴される場合)、司法書士は簡易裁判所でのみ訴訟代理人になれるに過ぎないわけですから、控訴審では訴訟に携わることはできません。

以上のことは、両者の職務権限等を客観的に比較した結果、導き出した結論であって、あくまで一般論です。

実際は、もちろん案件に寄りますが、その人の人柄や実績、得意分野、場所などを総合的に判断して弁護士に依頼するか、司法書士に依頼するか、個々にお決めになればいいと思います。

(3)過払い金の回収率 ~果たして100%回収できるのか?~

冒頭で、過払い金返還請求する際は、取り戻せる金額とそれにかかる費用を天秤にかけて、損益分岐点を意識していないといけないと述べました。

その際の考慮材料として、これまで弁護士費用はいくらかかるのか?というファクターを述べましたが、それとは、別にもう一つ考えておきたいファクターがあります。

それは、過払い金の回収率です。

過払い金が20万円あると確定したら、絶対に20万円は戻ってくると信じてはいけません。
貸金業者は20万円満額の返還に応じるとは限らないからです。

過払い金が20万円あると判明しても、貸金業者が強硬に166,000円しか返還に応じないということになれば、その場合の回収率は83%となります。こういった満額返還を拒むケースというのはよくあるのです。

そういった回収率も、損益分岐点を考える場合意識しなければならないファクターなのです。

もっとも、いくら貸金業者が拒んでも、その場合は訴訟に持ち込めば、必ず勝訴しますから、過払い金20万円は必ず戻ってきます。

ただ、これまで述べてきたように、訴訟に持ち込むと「過払い金報酬」は20%から25%に跳ね上がります。さらに訴訟費用というのが別途かかります。

その辺が満額が戻ってきたのはいいけれど、損益分岐点を考えた場合、訴訟に持ち込んだことが良かったのか?それとも回収率100%ではないけれど、その線で和解に応じた方が得だったのか?悩ましいところです。

048

相手となる貸金業者もその辺を十分に計算して、「回収率100%を下回る条件での和解して現実に得られる金額と、訴訟で勝って回収率100%で現実に得られる金額とはほとんど同じですよ!」といった雰囲気を醸し出しながら、回収率100%を下回る和解条件を飲ませようとする業者もいるので、どうするかは冷静な判断が必要です。

そもそも、どうしてこのようなことが起きるのかというと、過払い金返還請求が立て続けに起きると、当然業者側の経営を圧迫してくるわけです。そうなると、なんとか満額返済を回避しようとするのはむしろ当然です。

中には、100万円を超える過払い金返還請求に対して、業者側だした回答というのが、なんと「10万円でなんとかお願いしたい!」と泣きつかれたケースもあり、また、貸金業者側からの返済方法で「36回の分割にしてくれ!」と言われたケースもあったとのことです。

実際に、中小の貸金業者は、これで民事再生に申請するケースが多々出ました。

従って、過払い返還請求するならば、できるだけ早くした方がいいです。

(4)借金問題の無料相談・診断

<おすすめ弁護士事務所・司法書士事務所ランキング>

 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・サンク総合法律事務所
  アットホームで気楽に相談しやすい雰囲気
  女性弁護士が在籍
  債務整理に特化した豊富な知識と経験


 3位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 4位・そうや法律事務所
若い法律事務所でありながら弁護士は債務整理800件の実績
債務整理に精通した女性スタッフが窓口応対
最速の即日受任通知で取り立てストップ


 5位・新大阪法務司法書士事務所
  大阪で最もその実績が知られた司法書士事務所の一つ
  女性専用の無料相談窓口を設置
  債務整理費用は相場よりかなり低め


 - 過払い金返還関連