借金問題を解決するための相談所

〇ゆるぎない信用と実績のおすすめ法律・法務事務所ランキング

過払い金返還請求権を行使するというブラックリストに乗ってしまう事実

      2018/02/12

018
グレーゾーン金利時代に貸金業者から借金をして、一生懸命にその借金を返していた人には「過払い金」が発生している可能性が非常に高いですよね。

「過払い金」というのは、本来なら返済しなくてもいいお金です。にもかかわらず、返済してしまったならば、当然返してもらえるお金です。
だから「過払い金返還請求権」は、正当な権利として発生しているはずです。

債務者としては、返ってくるなんて夢にも思わなかったはずだから、突然にお金が「過払い金」として戻ってくるとなれば、

それは、突然に湧き出てきた思いがけない嬉しい臨時ボーナスって感じですよね。(^▽^)/

本来返済する必要のない金額を返済してしまった、だから、返してもらうの当然の権利です・・・。

でも、その当然の権利を行使すると、ブラックリストに乗ってしまうの・・・?
ホントにそんなことってあるの・・・?

というのが、今回の記事の問題とするところです。

ブラックリストに乗ってしまうと、民間の信用情報機関の信用情報に事故情報が記載されて、主要なデメリットをいうと、新たなクレジットカードを持てなかったり今現在もっているクレジットカードで借り入れができなかったり、ローンを組むこともできなくなったりします。

こういうデメリットを大きな痛手と感じるか否かは人それぞれですが、ただ、それがどうであれ正当な権利を正当に行使するだけです。

ブラックリストに乗ってしまうなんて、私はどうしても解せません!!!

でも、2012年(平成22年)までは、債務者が過払い金の返還を求めてきたら、「コード71」契約変更(契約見直し)という区分で登録されていました。ただ、名目はそのように「契約変更(契約見直し)」という体裁で登録がなされても、実態としては過払い請求をしてきた債務者として分かってしまうのに等しく、そうなればブラックリストに乗ったということと何ら変わりありません。

そうなってしまうと、過払い金返還請求者の信用情報や与信審査にマイナスの影響を与えてしまい、先に述べたブラックリストの複数の不利益を被りかねないことになるのです。

つまり、過払い金返還請求することで、その者はブラックリストに乗ってしまうのです。
この結果は、先に述べたようにどうしても解せません。理解できません。

そこで、平成22年に金融庁は過払い請求を信用情報機関の信用情報に登録することを禁止する旨を発表したのです。

理由は、過払い金返還請求は債務整理とは全く違うもので、債務者の正当な権利行使であって、信用情報や返済能力に関わる情報とはまったく関係のないものと判断したのです。

これによって、原則として、過払い金請求をしてもブラックリストに乗るということはなくなりました。

思うに、このことは当然のことだと思いますが、でも、問題はそんな単純ではありませんでした!!

これに当てはまる例というのは、借金完済後に過払い金請求をした場合、または未だ借金返済中であるが、過払い金請求をした結果、借金がゼロになる場合であり、その過払い金請求に限っては決してブラックリストに乗ることはないということなのです。

問題は、過払い金請求をしても、未だ借金が残ってしまう場合です。

過払い金請求をした結果、利息制限法の利息を超える部分は元本に充当して、それでも借金が完済されずに残ってしまう場合というのは、それは過払い金返還請求とはみなされず、実態は、単なる「任意整理」(借金の減縮)の手続と解釈されるのです。

 

>>借金減額・免除の無料相談NO.1事務所 (24時間受付中!)<<

 

015

そうなってしまうと、過払い金返還請求行為は信用情報機関の信用情報に事故情報としてブラックリストに乗ることになってしまいます。

過払い金返還請求しても、借金完済に届かない場合は、それは、過払い金返還請求と言うか否かは別にして、実態は「任意整理」と評価されてしまう。それは、つまりブラックリストに載るということ。

もし、この場合でどうしてもブラックリストに乗りたくないのであれば誰かに一時的に立て替えしてもらって、一旦借金を完済してから過払い金返還請求をせざるを得ないことになります。

だから、過払い金請求は自分でもできます。ただ、自分で計算してみて過払い金があると分かっても、その権利を行使するか否かは慎重な判断が必要です。基本的には、専門家に相談してみるのがベストでしょう。

過払い金請求 ブラックリスト

〇借金問題の無料相談・診断

<おすすめ弁護士事務所・司法書士事務所ランキング>

 1位・東京ロータス法律事務所
  全国出張無料面談の実施
  弁護士事務所の中で「任意整理」費用が良心的
  自己破産、個人再生も得意


 2位・サンク総合法律事務所
  アットホームで気楽に相談しやすい雰囲気
  女性弁護士が在籍
  債務整理に特化した豊富な知識と経験


 3位・アヴァンス法務事務所
  テレビCMで放映、借入先が1件の依頼でも受諾OK
  着手金ゼロ円・減額報酬ゼロ円
  女性専用相談窓口完備


 4位・そうや法律事務所
若い法律事務所でありながら弁護士は債務整理800件の実績
債務整理に精通した女性スタッフが窓口応対
最速の即日受任通知で取り立てストップ


 5位・新大阪法務司法書士事務所
  大阪で最もその実績が知られた司法書士事務所の一つ
  女性専用の無料相談窓口を設置
  債務整理費用は相場よりかなり低め


 - ブラックリスト・信用情報機関, 過払い金返還関連